1. HOME
  2. イベント情報
  3. Eラーニング
  4. 【期間限定】生涯研修コース(LES) 保険取扱い疾患シリーズ

イベント情報

EVENTS

Eラーニング

【期間限定】生涯研修コース(LES) 保険取扱い疾患シリーズ

生涯研修コース(LES) 保険取扱い疾患シリーズ

「臨床基礎コース(CFS)」の上位講座です。会員の方は「臨床基礎コース(CFS)」を修了している必要があります。
※NELS事務局での修了手続きには、1週間ほど時間を要します。手続き完了後、「臨床基礎コース(CFS)」を修了した方には、「臨床基礎コース修了」のご連絡をさせていただきます。
 
「臨床基礎コース(CFS)」を修了している会員の方を対象に、一部コンテンツを2021年3月末まで期間限定で先行無料配信いたします。(2021年4月より有料配信となる予定です)
⇒ しばらくは期間を限定せず、引き続き、無料で配信することになりました。(2021/3/30)

第1弾 期間限定無料配信 2021年1月22日(金)

今回の配信は、下記4講座となっております。

(1)腰痛の診方1

保険取扱い疾患シリーズ「腰痛の診方」のPART.1です。まずは本講義の目的と意義、対象となる症状、鑑別のゴールを確認し、腰痛の起きる病態生理(機序)や腰痛を起こす危険因子を学びます。
 

(2)頚の痛みの診方1

保険取扱い疾患シリーズ「頚の痛みの診方」のPART.1です。私達が日常遭遇している疾患特に保険適応の頸由来の肩から腕にかけての疾患への治療を行うことが多いと思われます。このシリーズは鍼灸適応か不適応の鑑別に光を当て信頼ある鍼灸師を目指すために必要かと思われる知識を共有する事を目的としています。
 

(3)肩関節痛の診方1

保険取扱い疾患シリーズ「肩関節痛の診方」のPART.1です。保険取扱疾患の一つである五十肩(肩関節痛)の鑑別を学びます。臨床上よくみられる症状ですが、中には危険な疾患も含まれています。
危険を回避するためしっかり学びましょう。
 

(4)膝痛の診方1

保険取扱い疾患シリーズ「膝痛の診方」のPART.1です。「非外傷性の膝関節痛」で、疼痛と腫脹を主訴とするものを例として「変形性膝関節症」を取り上げ、危険因子・病態・臨床症状・診察所見・臨床診断について、ご説明いたします。
 

第2弾 期間限定無料配信 2021年2月26日(金)

今回の配信は、下記4講座となっております。

(1)腰痛の診方2

保険取扱い疾患シリーズ「腰痛の診方」のPART.1です。まずは本講義の目的と意義、対象となる症状、鑑別のゴールを確認し、腰痛の起きる病態生理(機序)や腰痛を起こす危険因子を学びます。
 

(2)頚の痛みの診方2

保険取扱い疾患シリーズ「頚の痛みの診方」のPART.2です。鍼灸治療を行う上で知っておく病態として、A鍼灸治療の継続で患者(及び鍼灸師)に不利な状況を招く病態と、B初めから西洋医学と併用すべき病態があります。それらの病気についての知識を共有することで信頼を得る鍼灸師を目指します。
 

(3)肩関節痛の診方2

保険取扱い疾患シリーズ「肩関節痛の診方」のPART.2です。PART.2では、鑑別診断Bの「症状によっては初めから西洋医学と併療すべき病態」として、「内臓関連痛」、「神経痛性筋萎縮症」、「肩手症候群」、「石灰沈着性腱板炎」について勉強しましょう。
 

(4)膝痛の診方2

保険取扱い疾患シリーズ「膝痛の診方」のPART.2です。膝関節痛における適応の鑑別と対応について、ご説明いたします。CFS「鑑別総論」で詳細に述べられている「鑑別のゴール」を基に、前編では、Aの対応について述べています。後編では、始めにBの対応について述べ、次に1症例におけるAの対応とBの対応で鑑別判断を述べています。
 

第3弾 期間限定無料配信 2021年3月30日(火)

今回の配信は、下記4講座となっております。

(1)腰痛の診方3

保険取扱い疾患シリーズ「腰痛の診方」のPART.3です。シリーズ最終回の PART.3では、Cの対応(鍼灸治療を行うが、経過観察で判断する病態)と判断すべき腰痛にはどのようなものがあるか学びます。
 

(2)頚の痛みの診方3

保険取扱い疾患シリーズ「頚の痛みの診方」のPART.3です。鍼灸院でよく見かける疾患を述べていきますが、鍼灸適応疾患には症状の改善傾向が見られない場合もあり、医療機関での精査、加療が必要な場合もあるので、その知識を共有していきましょう。
 

(3)肩関節痛の診方3

保険取扱い疾患シリーズ「肩関節痛の診方」のPART.3です。五十肩(肩関節痛)の最終回です。今回は鍼灸の適応症ではあるものの、経過によっては、手術などの西洋医学的な処置が必要なケースです。リスクを避けるためにもしっかり勉強しましょう。
 

(4)膝痛の診方3

保険取扱い疾患シリーズ「膝痛の診方」のPART.3です。PART.3では、膝関節痛における臨床症状と問診方法を述べ、患者さんへの対応と鍼灸の奏功機序について解説いたします。優しく丁寧な病態の説明は、患者さんとの信頼関係に繋がります。
 

今後の配信について

「臨床基礎コース(CFS)」の上位講座である「専門領域研修(PDS)」「生涯研修(LES)」の受講料は、有料となります。現在、販売準備中ですので、準備が出来次第、改めて受講申し込みのご連絡をさせていただきます。
⇒ しばらくは無料での配信となります。(2021/3/30)
 

NELS受講案内

NELSの受講を希望される方は、下記「NELS受講申し込みのご案内ページ」をご覧いただき、そのページの「お申し込みフォーム」よりお申し込みください。

お問い合わせ

NELS 日鍼会 Eラーニング研修」に関するご質問などございましたら、「NELS お問い合わせフォーム」よりご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。内容につきましてNELS事務局内で確認の上、ご返信させていただきます。

イベント情報