1. HOME
  2. 委員会記事
  3. 組織委員会
  4. 新賠償保険取り扱いのご案内とQ&A

委員会記事

INFORMATION

組織委員会

新賠償保険取り扱いのご案内とQ&A

日本鍼灸師会 会員の皆様へ

都道府県師会全員加入「賠償責任保険制度」の導入について、ご賛同いただける都道 府県師会から段階的に新制度へ移行する準備が整いましたので、ご案内させていただきます。

 内容としては現在の三井住友海上との契約を残しつつ、新たに日鍼会と東京海上日動火災保険会社との完全一括契約を予定しています。 (※ 3年間の緩和期間を設定いたします。:8割の加入が移行条件となります。)

 具体的には都道府県鍼灸師会毎に、現行の三井住友海上火災保険(株)から、東京海上日動火災保険(株)の賠償保険に完全移行することになります。詳細は下記のパンフレットをご参照ください。

 東京海上の新賠償保険に関しましては、1億円の保障プランを基本とし、鍼灸師会一括契約となりますので、A会員は自動的に賠償保険が付加されることになり、自動更新となるので、更新忘れは無くなります。(初年度は、個人ごとに加入依頼書でのお申し込みが必要です。)

 さて、日本鍼灸師会の2020 年度定時代議員総会資料によりますと「鍼灸師賠償責任保険医事紛争 件数及び支払い金額」は、過去 6 年間で 142 件の医事紛争があり、3千 400 万円余りの支払いがございました。 18年までは年間20件程度の支払い案件でしたが、19年よりほぼ倍増の39件となっております。

 また、1億円を超える訴訟案件も発生しており、これらの社会情勢を鑑みますと、今後の賠償金額は増大傾向になると予測されることから、新賠償保険への移行によって会員にとっては安心できる制度となると同時に、国民の皆様にも安心・安全をアピールでき、会員のスティタスアップに繋がると拝察いたします。

日本鍼灸師会 入会のお問い合わせは 下記事務局へお願いいたします。
〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨2-1-19 双葉ビル2階 Tel:03-5944-5089 Fax:03-5944-5087
メール:info@harikyu.or.jp

賠償保険の内容に関するお問い合わせは、下記パンフレットをご参照いただき、東京海上日動火災保険 又は FPパートナーにお願いいたします。

取り扱いQ&A

・加入依頼書は書かないといけないのか?
→必要です。

・加入依頼書は送るのか?どこに?
→所属の鍼灸師会事務局に郵送してください。

・保険料の振込先は?
→所属鍼灸師会で異なりますので、 所属の鍼灸師会事務局にご確認下さい。

・加入依頼書送ったら振込用紙が届くのか?
→所属鍼灸師会で異なりますので、 所属の鍼灸師会事務局にご確認下さい。

注1.右上の施術所登録番号は、
  施術者登録番号(日鍼会付与分)の誤りです。

  今回は、記載不要です。

注2.加入依頼書記入例をご参照いただき、
必要項目を記入後 所属鍼灸師会事務所へご送付ください。

  

東京海上日動火災保険 新賠償保険パンフレット

加入依頼書

加入依頼書記入例

関連記事