1. HOME
  2. イベント情報
  3. 講習会
  4. 【東京都師会】第3回 東京都福祉保健局委託講習会(3月27日)

イベント情報

EVENTS

講習会

【東京都師会】第3回 東京都福祉保健局委託講習会(3月27日)

第3回 東京都福祉保健局委託講習会 2022年3月27日(日) 13:00 ~ 14:30
「慢性疼痛と鍼灸」
 

講習会概要

 

講習会 第3回 東京都福祉保健局委託講習会
主催 (公社)東京都鍼灸師会
形式 ZoomアプリによるWebセミナー
開催日時 2022年3月27日(日) 13:00 ~ 14:30
申込期限 2022年3月21日(月)
定員 先着300名 (定員に達し次第、受付終了)
参加費 無料
加算単位 財団生涯研修 医学教養 4単位

 

講習会内容

 
第3回 東京都福祉保健局委託講習会 2022年3月27日(日) 13:00 ~ 14:30
 
東京都鍼灸師会では、毎年、東京都福祉保健局より委託を受け、講習会を実施しています。
本年度は「慢性疼痛と鍼灸」をテーマに、全3回の講習会を実施します。
 
第3回講座は、越石鍼灸院院長 越石まつ江先生を講師にお迎えし「紫雲膏灸の特徴と痛み治療」を学びます。越石鍼灸院では、疾病の違いに関わらず、紫雲膏を用いたお灸(以下、紫雲膏灸)にて治療を行っています。紫雲膏灸とは、皮膚に漢方軟膏の紫雲膏を塗布し、その上に艾炷をのせて点火して行う灸法の総称である。また、最近では自社開発の「お灸バーム」を用いて臨床に応用しています。「糸状灸」と「多壮灸」と呼ぶ2種類の紫雲膏灸を独自に発展させて、越石式灸法として用いています。「糸状灸」は皮膚面上の適当な範囲に紫雲膏を点状に付け、その上に糸状に捻った艾炷を載せ、点火して指で1〜3分消しする方法です。皮膚面上に2〜5cm間隔でたくさんのせて、リズムよく点火していきます。「多壮灸」は紫雲膏を取穴部に厚めに塗り(直径約4mm、厚さ約3mm)、その上に小豆大の艾炷を載せて点火する方法です。少しずつ艾炷を大きくしながら灰の上に重ねて3〜5壮行います。使い分けは、ぎっくり腰、寝違い、外傷などの急性の痛みや炎症部位には通常糸状灸を用い、慢性疼痛部位には多壮灸を用います。この2種類の灸法を駆使することによって灸治療の適応は広がり、急性症から慢性症、小児から高齢者、未病から難病まで、幅広く対応することが可能となります。また、紫雲膏灸の大きな特徴は、熱くなく、痕にならず、心地よいことです。その上、治療効果が高く、禁忌がほとんどないため、患者が安心して通うことができます。
今回は、疼痛疾患に対する灸法ということで、紫雲膏灸の特徴を説明して、疼痛疾患の症例をいくつか提示した後、実際の治療実技をオンラインにて配信させて頂きます。艾のひねり方、数、リズム、消し方がポイントとなりますのでご注視頂ければと思います。
灸治療の需要は高く、今後ますます必要になってくる治療法であると確信しています。今後の展望としては、コロナ禍が落ち着いた後に、鍼灸師や一般向けに正しいお灸の普及活動に従事したいと考えております。日々の臨床に灸治療をプラスして臨床の幅を広げて頂ければ幸いです。
 

詳細は、東京都鍼灸師会ホームページをご確認ください。
 

 

各都道府県師会 講習会情報

 

イベント情報

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: ユーザーnihon_89.official の接続されたアカウントには、このフィード形式を使う権限がありません。