1. Home > 
  2. 一般の方へ > 
  3. けんこう定期便 > 
  4. No.27 人を変えるのは素直な心

けんこう定期便No.27 人を変えるのは素直な心 〜他人からのアドバイスは心と体を成長させるチャンス〜

陸上(障がい者スポーツ)選手:春田純氏(プロフィール

1/2ページ

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」への出場に向けトレーニングを重ねる陸上(障がい者スポーツ)選手 春田純さんは、その練習と会社員としてのお仕事を両立させるかたわら、ご自身の経験から得た考え方や生き方を伝える講演活動なども行っています。
今回、活動拠点のひとつでもある静岡県内の陸上競技場で、日々のトレーニング方法や体との付き合い方、「東京2020パラリンピック競技大会」への思いをうかがいました。

「東京2020パラリンピック競技大会」に向けて、どのようなトレーニングをされているのでしょうか?

春田純氏健常者用のメニューと同じトレーニングをしています。軽いジョギングから始めて、体を温めた後、ドリルと呼ばれる陸上競技のための準備運動を40分間、それからランニング練習を約2時間行います。ランニング練習では、スタートダッシュの練習をした後、100m、120m、150m、200mと距離を伸ばしながら最長400mまで、それぞれ1本か2本走り込みます。この練習メニューを週に3〜4回行って、その間にジムでウェイトトレーニングをしています。

トレーニングはお仕事の後にされているのですか?

帰宅後、18時から21時までの3時間やっています。地元が静岡県清水区なので、清水総合運動場か草薙総合運動場を利用しています。
会社が休みの日曜日もイベントや講演活動をしているので、“陸上”に関わらない日というのはないんですよ。

40代になって感じた体の変化や、これまでと変えたトレーニング方法はありますか?

今年で42歳になりますが、トップアスリートの中では最年長組なんです。回復するのに時間がかかるようになりましたね。100m走って歩いてスタート地点へ戻ってまた走る、これをウォークバックといいますが、以前は10本できたのが今は7本くらい。そして、1本走った後、次に走り始めるまで20代の頃よりインターバルを長く取るようになりました。
また、若い頃は1本を8割から9割くらいの力で走り込んでいましたが、今は6〜7割くらいの力で本数を重ねています。疲れてフォームが崩れたり、重心がうまく取れなかったりでは、練習として良くありません。正しいフォームでしっかり重心を取ることに重点を置いているので、本数にはあまりこだわっていないんです。
若い時はどんなに走っても全然疲れないし、合宿の時は午前も午後も走り込んでウェイトトレーニングもしていましたが、今それをやったら体が持たないです。怪我をしてしまったら元も子もないですからね。

20代の頃と違って体との対話が必要なんですね。

はい、自分の体を素直に感じ取る感覚がとても大切です。ずっと続けているとその感覚が分かってきますよ。例えば、これ以上やると太ももの筋肉やアキレス腱を痛めてしまうなと判断できるようになります。そこまで追い込んだら練習量や練習方法を調整して、ケアをしっかり行うようにしています。

義肢装具士の沖野敦郎(おきの あつお)さんとの出会いが、競技選手を目指すきっかけになったそうですね。

脚を15歳で切断して25歳で沖野くんに出会うまでの10年間は、義足であることへのコンプレックスがとても強かったんです。人前に出たり、買い物や遊びに行ったりすることが嫌でした。そんな気持ちが沈んでいる時、たまたま新しい義足に作り替えるために入院をした病院で、実習生として働いていた沖野くんと出会いました。僕の顔が相当暗かったんでしょうね。同い年ということもあっていろいろ気にかけてくれました。
フランスで行われている「2003年世界陸上競技選手権大会」のテレビ中継を観ていた時、沖野くんも陸上をやっていたことを知って、共通の話題ができたことが嬉しかったのを覚えています。そこで彼が僕に対して「もう一回陸上やったらどう?俺が支えるから」ととても強く背中を押してくれたんです。

「俺が支える」という言葉には覚悟のようなものを感じますね。

そんな感じでしたね。僕は彼と出会って人生が180度変わりました。彼のおかげで、義足や周りからの視線、障がい者に対する考え方が変わりました。僕一人の考え方では知識や情報に限りがあるから、いつの間にかいっぱいいっぱいになってしまってどうしても壁ができやすい。そうならないように、周りの人と触れ合って情報交換したいという考えに変わりました。

沖野さんと出会う前の春田さんは、障がい者であることをどのように感じてたのでしょうか?

僕は15歳という多感な時期に健常者から障がい者になりました。障がい者の僕は、健常者の方にどのように接すればいいのかわからない。健常者の方も僕にどのように接すればいいのかわからない。だから、お互いが透明人間であるかのように感じていました。自然ではないですよね。
今は義足であぐらもかけるようになりましたが、当時はそれも痛かったんです。車の狭い後部座席で足をずっと曲げていなければいけない時にも「痛い」という一言が言えませんでした。
血流が悪くなって痛みが出てしまうんですが、どう言っていいか分からなかった。無知でしたし、同じように周りの方も障がい者と話をする機会がないのでお互いどうしていいかわからない状態でした。だから、周りと距離を置いていましたが、陸上を始めて様々な方と関わるうちに自然に話ができるようになりました。
健常者の方がコーチなので、義足について100%説明しなければ伝わらないんですよ。そういう経験を重ねて、義足や障がいについて人に話せるようになりました。陸上を通して僕自身も成長しましたね。陸上をやっていなかったら殻に閉じこもったままでした。

春田純(はるた じゅん)氏プロフィール

1978年生まれ。静岡県出身。15歳の時、骨肉腫により左膝から下を切断。
25歳の時、義肢装具士の沖野敦郎(おきの あつお)氏と出会い、陸上(障がい者スポーツ)選手として陸上競技への挑戦を決意。
2010年 「アジアパラリンピック競技大会」出場(200m3位、400m3位、4×100mリレー3位)
2011年 100m日本記録(11秒95)をマーク
2012年 「ロンドンパラリンピック競技大会」出場(100m予選敗退、4×100mリレー4位)
2020年 「東京パラリンピック競技大会」出場に向けトレーニング中

春田純氏

けんこう定期便バックナンバー

No.27
人を変えるのは素直な心
春田純氏春田純氏
No.26
「熱くない」日本の直接灸を世界へ、未来へ
伊田屋幸子伊田屋幸子
No.25
強さの秘訣はメンタル!?
米山一朋氏米山一朋氏
No.24
あの頃のように素直な心で
宮武貴久恵氏宮武貴久恵氏
No.23
活力の正体は自律神経!?
南 和友先生南 和友先生
No.22
女性アスリートとスポーツ
土肥美智子先生土肥美智子先生
No.21
第9回 全国大会inおかやま「県民公開講座」
宇宙飛行士 山崎直子さん宇宙飛行士 山崎直子さん
No.20
本居宣長のコミュニケーション術
本居宣長記念館館長 吉田悦之氏本居宣長記念館館長 吉田悦之氏
No.19
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [後編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.18
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [前編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.17
東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療
古川俊治先生・吉永みち子先生慶応義塾大学教授・参議院議員 古川俊治先生
ノンフィクション作家 吉永みち子先生
No.16
対談「まだ見ぬ明日へ・・・」
セイリン株式会社社長 田中正宏氏セイリン株式会社社長 田中正宏氏
公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏