1. Home > 
  2. 一般の方へ > 
  3. けんこう定期便 > 
  4. No.5 「ええ人生やった」その一言のために

けんこう定期便No.5 第6回公益社団法人日本鍼灸師会全国大会in京都 教育講演 「ええ人生やった」その一言のために 〜地域で生き、地域で逝く人を支える医療〜

おおい町国保名田庄診療所所長 中村伸一先生(プロフィール

1/3ページ

NHKの人気番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で、地域医療の“スペシャリスト”として紹介され、マスコミに取り上げられる機会も多くなったという中村伸一先生。先生の取り組みを拝見すると、最近は何か大切なことを忘れてはいないかと、ふと気づかされます。今回、皆さんとともに先生のお話を伺いながら、地域医療に根ざす医療人としての心構えを新たにしていきたいと思います。

地域に、そして人に支えられて。

盛大な拍手でお迎えいただいてありがとうございます。中村です。おかげさまで、ここ1年ほど、マスコミに取材されることが多くなりました。福井の片田舎で細々と診療所をやっているだけなのに、どうしてこんなに騒がれるか・・・よくわからないですけど。ただ、言えるのは「地域に必要なことをやってきた」とは思います。そのために、地域の方、一人一人と良好な関係を築くように努力してきました。努力というのもおこがましいですね、当たり前のことを、ただ当たり前にやってきただけです。すごいことなど、ひとつもしていません。むしろ、私自身が地域の人々から支えられていると言った方が正しいかもしれませんね。

名田庄には、未だに“お互いさま”文化が残っています。私自身が病気になり、無理できない体になってしまった時です。「病み上がりだから、救急対応しません」と発信したわけではないのですが、いわゆるコンビニ受診を自然と住民の方が控えてくれて・・・私を守ってくれました。自分は村の人に支えられているのだと、その時実感しました。

昭和38年、福井県三国町生まれ。バンド活動など、学生時代を楽しまれた先生が、活躍の舞台となる「名田庄村」に赴任され、そこに留まる決意をされた裏側には、名田庄の持つ文化に加えて心温まる話があったようです。

家族のつながりが生んだ地域の連携。

福井県で一番大きい「福井県立病院」で2年間の研修を終えて、医者になって3年目に「名田庄診療所」に赴任しました。たかだか3年目の“駈け出し”が、村にたった一つしかない診療所、しかも医師が一人しかいないところに行ったわけです・・・毎日毎日、本当に不安でした。今になって振り返ると、そんな不安な医者に診られる患者さんは、もっと不安だったんじゃないかと思います。「よくぞ付き合ってくれました(笑)」の思いです。

名田庄に赴任直後で感じたことは、3世代、4世代同居が当たり前ということで、家族のつながりが強いんですね。そして、ほとんどの人が家で死にたいと思っているという事実。そのために家族も努力したいと思っている・・・そういう名田庄の人たちと付き合っていくうちに、家で暮らす人たちを支えたいと思うようになりました。

ただ、社会資源も少ない田舎の小さな村ですから、そのためには連携することが大事なんですね。その連携に力を発揮したのが、名田庄に息づく“お互いさま”という考え方でした。医師、看護師、保健師、役場の福祉担当者、介護職、住民ボランティア・・・村中が一つにまとまろうとしていたときです、ボランティアグループ初代会長の言葉が、とても印象的でした。「ええか、みんな。元気なうちは人のお世話をするけど、自分がへばってきたら、素直に人のお世話になるんやで」。プライドが高い人には、人の世話をするけど、人に世話されるのは嫌だという人が多いんです。そうじゃない。一生懸命世話もするけど、弱ってきたら素直に人のお世話も受けようよ、ということをおっしゃっている。本当にいい言葉だと思います。

こういうことは“お互いさま”なんだ。

「いい感じで、みんながまとまってきたな」と思っていた頃です。一生忘れることのできない事件が起きました。非典型的な症状であったものの、“くも膜下出血”という重大な病気を、医師である私は見逃してしまったのです。京都から名田庄にやってきた60過ぎの女性の方でした。疲れとアルコールによる肩こりと嘔吐・・・夜中の往診でそう診断、処置したのが間違っていたのです。二度目の往診に行ったときには意識朦朧の状態でした。急いで応急処置をして、救急車で運んだ・・・結果は“くも膜下出血”。もう頭がパニック状態でした。親戚にあたる家のご主人に誤診したことを詫びると、「いや、中村先生、こっちこそ夜中に何度も呼び出して悪かった。一生懸命やっても間違いっていうのは誰にでもあるんだよ。こういうことはお互いさまなんだ」って言ってくれたんですね。責められるものとばかり思っていたのに・・・意外でした。

幸いこの方は、後遺症なく退院されて、80歳を過ぎた今でもお元気だそうです。後日「何故あのとき私を許してくれたんですか?」とご主人に聞いてみたのですが、「だって先生、一生懸命やっていたよ。あんなに真剣にやっている人を見ると、結果はどうあれ、やっぱり責められないよ」と話してくれました。すごくうれしかったです。このことが名田庄に留まる一番の理由になりました。

中村伸一先生プロフィール

平成元年に自治医科大学を卒業後、福井県立病院・診療部(スーパーローテイト研修)、平成3年から国保名田庄診療所所長。現在、保健医療福祉総合施設あっとほ〜むいきいき館のジェネラルマネジャーや全国国保診療施設協議会理事、自治医科大学臨床教授を兼任。その他、手書き式電子カルテの開発にも携わり、21年4月に地域医療の教科書「地域医療テキスト(医学書院)」を出版(共著)。21年12月に「プロフェッショナル・仕事の流儀コミック版・医療の現場に立つ者たち(イーストプレス)」、22年6月に「自宅で大往生―『ええ人生やった』と言うために」(中公新書ラクレ)を刊行。

中村伸一先生

けんこう定期便バックナンバー

No.27
人を変えるのは素直な心
春田純氏春田純氏
No.26
「熱くない」日本の直接灸を世界へ、未来へ
伊田屋幸子伊田屋幸子
No.25
強さの秘訣はメンタル!?
米山一朋氏米山一朋氏
No.24
あの頃のように素直な心で
宮武貴久恵氏宮武貴久恵氏
No.23
活力の正体は自律神経!?
南 和友先生南 和友先生
No.22
女性アスリートとスポーツ
土肥美智子先生土肥美智子先生
No.21
第9回 全国大会inおかやま「県民公開講座」
宇宙飛行士 山崎直子さん宇宙飛行士 山崎直子さん
No.20
本居宣長のコミュニケーション術
本居宣長記念館館長 吉田悦之氏本居宣長記念館館長 吉田悦之氏
No.19
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [後編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.18
いつまでも元気でいたい〜"超"高齢化社会を明るく乗り切るために、鍼灸師ができること [前編]
村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・田常雄氏・松浦正人氏村上由佳氏・吉村春生氏・永澤充子氏・
田常雄氏・松浦正人氏
No.17
東洋医学を用いた、身体にやさしい新しい医療
古川俊治先生・吉永みち子先生慶応義塾大学教授・参議院議員 古川俊治先生
ノンフィクション作家 吉永みち子先生
No.16
対談「まだ見ぬ明日へ・・・」
セイリン株式会社社長 田中正宏氏セイリン株式会社社長 田中正宏氏
公益社団法人日本鍼灸師会会長 仲野弥和氏